【ボクシング】PFP2020!!このランキングだけで2時間は語れる⁉

最新のPFPランキングがアメリカのボクシング専門メディアから発表された。

PFPにランクインするということは、ただ勝つだけではなく圧倒的な試合・魅せる試合・予想を超える試合を続けなければならず、それだけで評価を得ている選手の証となる。
しかしこのランキング結果の価値だけが独り歩きしている感もある。

しかし今回そんなPFP(パウンドフォーパウンド)ランキングに!!
【井上尚弥】がランクイン!!こんな最高なニュースありますか⁉

井上選手含むトップ3をチェック‼
格闘技好きアベ(管理人)がお届けしちゃいます!!2、3時間語らいましょう!!

sponsored link

ボクシング【パウンドフォーパウンド】とは?なぜに価値があるの?

そもそもPFP(パウンドフォーパウンド)とは⁉
格闘技、特にボクシングを観るとよく出てきたり、耳にすると思いますが、まずは改めてPFP(パウンドフォーパウンド)を確認しましょう!!

ボクシング【PFP(パウンドフォーパウンド)】とは・・・
全17階級あるそれぞれの階級のボクサーの実力を比較するランキングなのですが、体重差、いわゆる階級を抜きに考えた場合の最強選手ランキングです!!
まぁなんてったって男は特に【最強】の文字が好きですからね!!w

ヘビー級・ミドル級・ライト級などすべての階級をプールにしたランキングなのでランクインすることがいかに選手個人の【強さ】の評価が高いか、シンプルにその証明となるこのランキングはチェックしなければなりませんよね!!

一つの試合で順位の変動があったり、すでに引退している選手が登場して【歴代】でくくったりするなど、このランキング内で夢の戦いが行われるのでシンプルで分かりやすい見方ができ、いろんな意味で楽しめるのでアベ(管理人)個人的には・・・大好きですw

もちろん実際に闘って決められいない部分があるので自分の推しボクサーが入っていないということもありますが!そこはやはり自分自身のオリジナルPFPランキングに殿堂入りさせてあげましょうw

ちなみにアベ(管理人)のPFP1位は具志堅用高センパイです、拳っ!!w



ボクシングPFP【日本人】井上尚弥がランクイン⁉日本人初の快挙!!

それでは!!パウンドフォーパウンド2020をみていきましょう!!
一番の衝撃は・・・やはりモンスターでしょう・・・

まさかまさかの!日本人がPFPにランクインしちゃった!!こんな嬉しいニュース!!
ある意味、もう事件ですねw こんな事件なら週2いや3で欲しいですね!!w

2020年PFPランキング歴代ランキング
 1位 サウス・アルバレス【カネロ】 マイク・タイソン
2位 ワシル・ロマチェンコ   モハメド・アリ
3位 井上尚弥         マニー・パッキャオ

【サウル・アルバレス】Canelo(カネロ)

 

SPORTING NEWSさんより引用

 

国籍 メキシコ

階級 スーパーウェルター級、ミドル級、スーパーミドル級(現在ミドル級)、ライトヘビー級

戦績 56戦53勝(35KO)1敗1引き分け

身長 173cm リーチ 179cm

スタイル オーソドックス

獲得冠 元WBA・WBC世界スーパーウェルター級王者、元WBOスーパーウェルター級王者

現WBA世界ミドル級スーパー王者、現WBCフランチャイズ王者、元IBF世界ミドル級王者、

現WBA世界スーパーミドル級王者、元WBO世界ライトヘビー級王者

世界4階級王者

PFP:1位

【ワシル・ロマチェンコ】Hi-Tech(ハイテク)精密機械、高性能

国籍 ウクライナ

階級 フェザー級、スーパーフェザー級、ライト級

戦績 15戦14勝(10KO)1敗 アマチュア戦績397戦396勝1敗

身長 170cm リーチ 166cm

スタイル サウスポー

獲得冠 元WBO世界フェザー級王者、元WBO世界スーパーフェザー級王者

現WBAスーパー・WBC・WBOライト級統一王者

世界最速3階級制覇(プロ12戦目で獲得)

PFP:2位

【井上尚弥】(いのうえ なおや)Monster(モンスター)

THE ANSWERより引用

国籍 日本

階級 ライトフライ級、スーパーフライ級、現在バンタム級

戦績 19戦19勝(16KO)無敗

身長 165cm リーチ171.0cm

スタイル 右ボクサーファイター

獲得冠 アマチュア史上初高校7冠

元WBC世界ライトフライ級王者、元WBO世界スーパーフライ級王者。

現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者

世界3階級王者

PFP:3位



ボクシングパウンドフォーパウンド【最新】井上尚弥に乾杯!!

(R-L) 井上尚弥/Naoya Inoue (JPN), 太田光亮 トレーナー, OCTOBER 4, 2019 – Boxing : Bantamweight world champion Naoya Inoue during a media workout at Ohashi Boxing Gym in Yokohama, Kanagawa, Japan. (Photo by Hiroaki Yamaguchi/AFLO)

な、なななんと!!PFP3位ですよ!!もうあれですね、乾杯しましょう!w

全階級の枠を外してシンプルに【強さ】での世界最強ボクサーランキング!!

そこに日本人が3位に!!もう凄すぎて凄すぎて!
ここまできたら、いってほしい!テッペンまで!!いや獲ってくれるでしょう!

【井上尚弥】経歴や戦績を紹介!!WBSSの軌跡をどこよりも詳しく!!

現に一部の米専門メディアでは、井上を1位に格付けしている記事も見られたので、もうそこまできていますよね!!もちろんあくまで評価ランキングなのでリアルの試合が一番ですが、このランキングも楽しみのひとつにして今後もチェックしていきたいと思います!!

そしてこれからどんどん日本人ファイターがランクインしてくれると、ボクシング、格闘技界も盛り上がりますね!!

井上選手よりも上位のカメロ、ロマチェンコの2選手はこのランキングの常連で、言うまでもなくかなりの実力を誇っています。が!が!!この2選手よりも高く評価をしている専門誌もあるので・・・これありますよ!!

日本生まれのモンスターが、世界のモンスターとしてPFPの頂に君臨するのはもう時間の問題です!!

その為には勝ち続けるのはもちろん、勝ち方にもこだわってこれからも伝説を作り続けていかなければいけません!もちろんその姿を一緒に追い続けましょう!!

以上、アベなり記事でした!!



 

タイトルとURLをコピーしました