【京口紘人】【世界戦(防衛戦)】は⁉階級や戦績も徹底比較⁉

現役日本人世界チャンピオンが多い軽量級での戦い!!

今、その軽量級の中でも統一戦に注目が集まる二人のボクサーがいます!

『寺地拳四朗』(てらち けんしろう)、そして『京口紘人』(きょうぐち ひろと)この2人です。

今回は、その二人の紹介と『京口紘人』選手をまずフォーカスしたいと思いますので一緒にチェックしていきましょう!!

sponsored link

【京口紘人】【拳四朗】(けんしろう)との統一戦はあるのどうなの⁉

京口紘人と拳四朗、関西の2人が勢力図を塗り替える?~先輩後輩から ...

まずは、二人のプロフィールを比較しましょう!!

ご存じの方も、見比べるとまた違う発見があるかもしれないのでぜひ!!

京口 紘人比較寺地 拳四朗
The Dynamite Boy通称スマイル・アサシン
ミニマム級 ライトフライ級階級 ライトフライ級
162cm身長164.1cm
162cmリーチ164cm
日本国籍日本
1993/11/27(26)生年月日1992/1/6(28)
オーソドックススタイル右ボクサーファイター
14戦14勝戦績17戦17勝
9KOKO勝利10KO
0敗け0敗

 こうやってみると、体格もほとんど同じでお互いパンチもあり、とてもかみ合いそうな印象です。

二人はアマチュア時代に対戦しており通算3勝1敗で拳四朗選手が勝ち越している。

しかしその後、お互いプロになり未だ無敗同士で更に日本人対決となると、また日本ボクシング界だけでなく、日本中の格闘技ファンからの注目が集まることでしょう!!

【フライ級】最強日本人の行方⁉

元々はミニマム級でチャンピオンになり、階級を上げ、現在WBA世界フライ級スーパー王者に君臨していることでこの対決が現実味を帯びてきました!!

一方の拳四朗選手は、WBC世界フライ級王者の座を防衛し続けている、これまた凄いボクサーです!

お互いの印象をボクシング誌『BOXING BEAT』さんで語っているのでどうぞ。

Q対戦のタイミングはちょうどいいと思いますか?

京口『今までよりはいいタイミングかと思います。僕も二度防衛したので今くらいがいいのかもしれません。』

拳四朗『いつでもいいですね。自分は誰とでもいいですね。(対戦で)ベルトは増えるだろうし、日本のファンは喜ぶんじゃないですか。』

Q相手のボクシングの特徴を一言で。

京口『一言で言ったら”強い”ですね。ただ、淡々としていて面白みに欠けますね。僕と試合をしたら拳四朗選手がこれまで勝ってきた展開にはさせない自信はありますよ。』

拳四朗『結構力強く打ってくるファイターという感じ。』

Q相手がベルトを持っていなくても対戦に応じますか?

京口『お互いチャンピオンだからこそ盛り上がると思うので、そうじゃなかったらあまり興味ないですね。』

拳四朗『別にどうとかはない、決まればやるし。防衛するだけ。』

Q相手に一言

京口『近いうちリングで会いましょう!』

拳四朗『お互い防衛し続けて、戦いましょう!』

引用 BOXING BEAT(抜粋)

このインタビューも対照的な感じですが、お互い意識していることは間違いなさそうです。

7月からボクシング界も動きが出てくるみたいなので、そう遠くない感じですし、ぜひ日本を盛り上げる為に”統一戦”を行ってほしいですね!!

【京口紘人】YouTubeで【朝倉未来】との異種格闘技コラボが話題⁉

 

実は京口選手、この度YouTubeチャンネルを開設し話題になっている。

いま、YouTubeブームの大きな波が訪れている。そもそも芸能タレントやお笑い芸人がYouTubeに進出している中、格闘家がチャンネル開設するという動きが特に増えている。

その火付け役に、総合格闘家で路上の伝説の異名を持つ『朝倉未来』選手の存在がある。

朝倉選手については、個人的にも思い入れがあるのでまた記事にさせていただきたいと思いますw

その朝倉選手とのYouTubeコラボ企画にいち早く名乗りをあげ、一気に知名度が上がったのが京口選手です。

アベ(管理人)も、拝見したのですが、京口選手は語り口調がとても心地よく裏表のなさが滲み出ていてとにかく好感を持てます。

企画の方も、格闘家らしい切り口でとても内容も充実しています。

是非、YouTubeでも夢の対決を実現させてくれるでしょう!!

今後もこの二人に注目です!!

以上、アベなり記事でした!!



タイトルとURLをコピーしました