【西島恭平】復活の章!看護師ファイターが目指すK-1のテッペン!

皆さん、ご無沙汰しております。
別れや出会いの季節。

あの男の復活が迫っています!
当ブログでも推しファイターとして紹介した【西島恭平】選手。

看護師の資格とK-1のベルトを目指す異色格闘家。

西島選手のプロフィールはこちらから⇩
【K-1】西島恭平は空手ベースのイケメン格闘家!インスタも注目!

K-1カレッジで結果を残し、順調かと思えたところでまさかの怪我。
そのケガの状態、練習内容、復帰のタイミングなどをチェックしたいと思います。



西島恭平の復活は『K-1カレッジ2022』気になる練習環境やケガの状態は?

西島恭平画像

西島選手が、復活に向けて始動!
当初は、3月に行われた『K-1アマチュア日本一オープントーナメント』を復帰の舞台に見据えていましたが断念。
その理由に、ケガの状況もありました。が!そうです、何よりパフォーマンスが落ちるのではないか?という部分から出場を見送る決断となりました。
仮に出場を決めたとしても、1か月で最高の状態へ持っていくということが難しいなら。最高の状態で試合が出来ないなら。最高の試合を魅せられないなら。という西島選手のファンに対するプロ意識を感じました。
ファンとしては試合はもちろん観たいですが、やはり万全の状態で臨んでほしいものです。

実際プロになり『天心VS武尊』のような世紀の一戦や、タイトルマッチでは例えケガをしていても闘わざるを得ない状況はくると思います。
言ってしまえば、試合までの毎日がケガと隣り合わせと言っても過言ではない職業なのでほんとに格闘家の皆さんにはリスペクトしかありません。

西島選手の決断が良いものだったかは、8月の試合で魅せてくれるでしょう!

所属ジム【ELEVEN】へ移籍。RISE山川賢誠と同門に。


現在の西島選手は、元々所属していた『siamevolve』を離れ、更なる高みを目指すため移籍を決意。

その移籍先【ELEVEN】には、現在、RISEで大注目の『山川賢誠(やまかわ けんせい)』選手が所属。
出稽古という形で拳を交え、その出会いから新しい環境をELEVENに移しここから復活を目指します。

そして、新たに強力なサポートが西島選手をバックアップ。
そちらがススキノに店舗を置く『ダイニングバー珠泡(しゅわ)』。
ツイートからもマスターの人柄がシュワシュワ溢れて出ていますw
調子に乗って応援させちゃう。そこが西島選手の魅力ですね。
そしてマスター…普通に強そうw
西島選手の活躍で、珠泡がファンの聖地となること必須ですね!!

企業だけじゃなく、個人スポンサーという形で西島選手を応援できるのでTwitterやインスタもチェック。



ケガの状態

西島選手練習風景の画像

西島選手のケガの状態は、ファンにとって一番気になるところでしょう。

ケガの経緯については、2021年8月のK-1カレッジでの試合中に自身の右フックの衝撃による右肩のケガ。
診断は全治6ヶ月『右肩脱臼』。脱臼は癖になり易いという面も含め、厄介なケガと言えるでしょう。

順調にレベルアップしてきた西島選手だけに痛いケガだったということは間違いありません。
しかしそんな逆境も本人は強気で、むしろ楽しんでいるくらいの感じにも見えます。

そこで止まっていても何もプラスにならないことを本人が一番感じているからでしょう。
看護学生とファイター、家に帰れば父親という西島選手ですがなぜそこまで闘えるのか。

そこには家族・ファンの存在と、K-1チャンピオンという野望があるからでしょう。
最近のツイートでその野望は更に上へ。

【ONE Championshipone】通称ONE(ワン)への参戦。
これはちょっと意外でしたが、ONEの立ち技は世界最高峰で本当に面白いので、そこで観られると最高ですね。

3月・4月の試合はまだ時期尚早ということで、8月に爆発させる西島選手ですが現在の仕上がり具合。
普通にエグいですw


これは8月…期待しかないですね。
新天地・スポンサー・新成人ときて、あとは右腕が全快になれば完璧。
冒頭のミット打ち画像からも、順調に見えますね。
復活の時を楽しみに待ちましょう!!

復活の章と位置付ける今年の西島選手のテーマ。

『成長と執念』

この言葉から、今年にかける気持ちが伝わります!

復活の【西島恭平】に刮目せよ!!

以上、アベなり記事でした。



 

タイトルとURLをコピーしました