鈴木真彦【戦績】やwiki⁉天心の首を狙う浪速の最終兵器⁉

まず、鈴木選手に対しこの男呼ばわりという失礼をお許し下さい!
しかしアベ(管理人)はリスペクトを込めていますし、そう呼びたくなる魅力が鈴木の真彦選手にはあります!!
今回、鈴木選手の格闘家史上最大の闘いがありました!
ぜひここから鈴木真彦という男と出会って下さい!

【鈴木真彦】那須川天心との再戦がついに実現かそれとも⁉

今回、鈴木真彦選手を語るにあたり、この画像がすべてと言っていいほど!壮絶なドラマがありました!!

膝をついているのが鈴木選手なんですが、アベ(管理人)はこの瞬間ほんとに大きな感動と、熱い気持ちをもらうことが出来ました!!

この試合で、鈴木真彦という男のとてつもない『強さ』を感じました!!
芯の強さ、男としての強さ、格闘家としての強さ!!ほんとに『強い』男だと感じました!!

今回のRISE興行はメインイベントでMr.RISEの名を持つ裕樹(ゆうき)選手の引退マッチ!
その対戦相手に神童・那須川天心をマッチアップするというなんとも熱い団体RISE!!

しかし、こちらがメインと言っても過言ではないほど役者揃いの超注目トーナメント!!
『RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント』と称された1DAYトーナメントによるサバイバルマッチ!!


ゴング格闘技さんより引用

鈴木 真彦(すずき まさひこ)(左上)、志朗(しろう)(左下)、江幡 塁(えばた るい)(右上)、植山 征紀(うえやま せいき)(右下)の4選手の勝者が、賞金500万円と神童・那須川天心への挑戦権を獲得!!
しかし選手たちにとってはむしろ賞金が副賞で!4人全員が那須川天心との闘いしか考えていないこのトーナメント!!この闘いがドラマティック過ぎてとにかく熱かった。

 

このトーナメントの4選手の中で一際(ひときわ)オーラを放つ男・・・。
それが鈴木真彦選手だ。

鈴木選手は2015年に天心選手と闘っていて、その試合KOで敗れています。(※初のKO負け)
その敗戦がとても悔しかったことがわかるのは、ここ最近の大会での勝利後は毎回『那須川天心』の名を口にしていて、天心選手とのリベンジマッチの実現と天心選手を倒す!!ということが、今の鈴木選手の格闘家として闘う最大の理由となっているからだ。

その敗北から、5年間負けなしという華々しい結果を残し、気づけば連戦連勝!!
‟負けない‟だけじゃなく、勝ち方をも求め、世間から天心選手との再戦が観たい!!と思われる状態を築き上げるように闘ってきました!!

・・・というか、5年ですよ!?めちゃくちゃ凄くないですか!?そして5年勝ち続けてやっとリベンジマッチがみえてくるという天心選手の絶対的ブランド!!エグ過ぎるw

 

~あの日(敗戦の)を忘れたことは一度もない~『鈴木真彦選手の発言より』
これは大げさでも何でもなく、本当にその気持ちだけで連勝を続けてきた鈴木選手の気持ちの強さを今回、目の当たりにしてアベ(管理人)は格闘技の面白さを再認識できました!!

那須川天心選手とのリベンジマッチ実現だけを糧に、勝ち続けることでようやく見えた那須川天心の姿!!結果も後述していますのでぜひお付き合いください!!w

この記事から鈴木真彦という男の強さが少しでも伝わってくれると嬉しいです!!

【鈴木真彦】志朗との【那須川天心】挑戦権をかけた闘いの結果は⁉

はいっ!では結果から・・・。

『RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント』

  • 準決勝① 鈴木 真彦 VS 江幡 塁
    3R判定 3-0 鈴木真彦
  • 準決勝② 志朗 VS 植山 征紀
    3R判定 2-0 志朗
  • 決勝 鈴木 真彦 VS 志朗
    3R判定 3-0 志朗

志朗選手が鈴木選手に判定勝利し、この激戦トーナメントを制し那須川天心挑戦権と賞金500万円を手に入れることになりました!!

この二人の決勝がほんとに熱く、とにかく感動しました!!

準決勝を共に判定勝利で勝ち進んだ鈴木選手と志朗選手の両選手!!
二人の共通点は、【那須川天心に敗れている】という唯一で最大の共通点!!
お互い天心選手しか見ていないので、もちろん勝利が絶対条件!!
特に鈴木選手は、KO宣言をしていたことで気持ちの入り具合が画面越しに伝わります!!

ゴングが鳴り、両者キレのあるローキックの相打ちで幕を開けます!!
すでに会場は緊張感はマックス!!鈴木選手が前に出てプレッシャーをかけ、志朗選手が下がりながら攻撃を返すという展開に。

鈴木選手はKOを狙っているのがヒシヒシと伝わり、志朗選手はそこにカウンターで迎え撃とうと様子を窺(うかが)っているというほんとに緊張感がヤバい!!

鈴木選手は、倒す!倒す!倒ぉぉぉぉーす!!と心の声が聞こえてきそうなくらい、闘志を全面に出したスタイルで攻撃を出しますが、その分ディフェンスが不安になります。

志朗選手は前にこそ出ませんが、しっかり受けて確実に返すという展開・・・いや、顔っ!!w
恐いくらい冷静・・・冷血という表情で、顔色ひとつ変えず攻撃を淡々と返す姿はまさに非情!!非情という言葉が一番合っていると思えるほど勝負に徹する志朗選手・・・強い!!

そして、1R中盤に入るというところで大きな動きが!!
前に出る鈴木選手に対して、志朗選手のカウンターが炸裂!!


これが効いてしまい、その後のジャブやストレートを何発も被弾(ひだん)してしまい、このまま勝負ありか!?

という気持ちまで生まれ観ていましたが!!
なんとここから!!鈴木選手が気持ち、意地を見せてくれます!!
ダメージがあるのは明白(めいはく)でも、目が死んでいない!!パンチも死んでない!!

気持ちもまだまだ死んでない!!形勢は変わり、志朗選手がどんどん前に出て強烈なパンチを繰り出しますが鈴木選手はまだ諦めていません!!

1R終了ゴングの直前に、志朗選手の強烈な一撃をもらってもたれるようにコーナーへ戻ります。審判に止められそうな場面もあり、もう気持ちだけで闘っているという感じ。
ここからあと2ラウンド・・・鈴木選手はかなり追い込まれた状態になります!

しかし、2Rも鈴木選手はとにかく前に出ます!
1Rでポイントを取られているということは分かりますが、それだけじゃない執念が溢れています!!すべては那須川天心を倒す。その気持ちだけで志朗選手に向かい続けます!!

ダメージのせいで、下半身にも力がしっかりとは入らないのでパンチの威力が明らかに落ちています!!それでも手数を出し続ける鈴木選手・・・!!・・・熱い!!

2Rも鈴木選手の手数という部分の評価はありますが、それをたった1発の有効なパンチで勝負を譲らない志朗選手・・・。この男からもまた執念が溢れ出ています!!

2Rとも志朗選手が優勢なのは素人(アベ)目線でも明らかです!!

運命の最終ラウンド・・・。

やはり鈴木選手がポイントで負けているという感覚もある為、出ます!!手数も出します!!

しかし、パンチに威力が・・・・逆に志朗選手のフィジカル!シンプルにディフェンスが堅い!

このフィジカルが、かなりのディフェンス力に繋がっているんだと思います!!

 

そして志朗選手は、ポイントで勝っていることを確信しているからでしょう。
危険なことはしません。打ち合いにも付き合わず、ほんとに恐ろしいほど試合巧者!!

さらに組み合いからの足を引っかけ転ばせるという地味な攻撃も。鬼だな。

もう二人ともラストバチバチに打ち合って欲しい・・・。
アベ(管理人)は、鈴木選手に感情移入してしまっていたので、打ち合いでなんとかラストチャンスを見出してほしいと思ってしまいます!!

にしても志朗選手・・・。強すぎる!!鬼ツヨっ!!
ここまでやるかという程、勝負に徹します!!
しかしその僅(わず)かな隙間・・・そこを掴み取ろうと、鈴木選手が前に出ます!!
前に出ながら志朗選手のパンチをもらい、顔が上がり、身体がのけぞりながらも!!

それでも前に!前に!鈴木選手・・・あんたほんとに漢だわ!最高!!

 

・・・試合終了。ゴングが鳴り、膝をついたまま動けない鈴木選手。
両手を上げて勝利を確信した表情の志朗選手・・・。

この闘い・・・熱すぎでした!!鈴木選手、志朗選手・・・感動をありがとう!!

この試合後に鈴木選手はこのツイート。

 

こんな熱い試合を魅せてくれた鈴木真彦選手にも、天心選手とのリベンジマッチをなんとか実現させてあげて欲しいと思うアベ(管理人)でした。

格闘技は無限の力がありますね!!!

志朗選手の天心選手との試合はもちろんですが!
【鈴木真彦選手】のここからの章をさらに追っていきたいと思います!!

以上、アベなり記事でした!
 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました