【青木 真也】試合結果!!ONEでRIZIN参戦を要求⁉

【ROAD to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT】が行われ、メインを青木真也(あおき しんや)選手が飾りました!!
結果も圧倒的な存在感、力の差を見せつけ勝利!!勝利後のインタビューが凄かった!?
【格闘技ファンのアベ(管理人)によるブログ】その他試合結果、注目選手の記事もぜひ!!

sponsored link

【青木 真也】【ONE championship】でみせた強すぎる寝技⁉

MMA PLANETさんより引用

熱かった・・・とにかく熱い試合でした・・・。

始めてライブ観戦しましたが!格闘技団体【ONE championship】通称、ONE(ワン)・・・!!
めちゃくちゃいい興行でした!まだ余韻が・・・w

かなり勉強不足で、ほとんどの選手を知らなかったのですが!凄かった!!
それぞれキャラやストロングポイントが違い、まさに矛(ほこ)・盾(たて)の対決。
全ての試合見応えがあり面白過ぎました!最後に出た青木選手の要望はもう・・・それではどうぞ!!

【青木 真也】対【江藤 公洋】
判定3-0 青木真也勝利

青木選手は、元ONEのタイトル保持者で日本格闘技界でも唯一無二の存在感がある。
そんな青木選手に今回挑んだのが江藤 公洋(えとう きみひと)選手だ。
江藤選手は、レスリング力に定評があり寝技の攻防が予想されました。

今回の大会は通常のONEのゲージ(金網)よりコンパクトになっており、寝技の青木選手に更に優位に働くだろうとゲストの秋山選手もそういう見方をしていました。

しかし、ゲスト解説らの意見は意外にも半々で、江藤選手に番狂わせの力があるんだろうと感じました。
開始早々、青木選手がプレッシャーをかけますが江藤選手が返します。しかし直後、江藤選手のパンチに合わせてタックルを決めた青木選手が1R終始コントロール。いいタイミングでバックポジション取っていましたが、ガツガツいかずにジワジワ削る感じに青木選手のスタイル、怖いまでに勝ちに重きを置いている印象がありました。

江藤選手は早い時間からポジションを取られ、ただただ耐える状態が続きますがなんとか凌(しの)ぎ、そのディフェンス力と気持ちの強さをみせます。

しかし続く2R、3Rも同じような展開になり中盤以降は青木選手がバックを取り削るという内容。
結果は青木選手の圧勝!一本とはなりませんでしたが、終始コントロールされた試合は判定以上のインパクトがありました!!

Yahoo!newsさんより引用

その後です。勝利者コールが会場に響いた直後、音は入っていませんでしたが、明らかに勝った青木選手が吠えています。

マイクを渡されるとようやくその内容が・・・。
『日本の格闘技、盛り上げたいっていうんだったら、俺がここで試合してるのおかしいだろ!俺は五年ぶりにさいたまスーパーアリーナで試合がしてぇんだよ!関係者、このカード実現してみろよ!!』マイクを床にドーン!!そして、そのまま退場・・・。

これは、青木選手からの宣戦布告ですね!!


さいたまスーパーアリーナで試合というと・・・いや、RIZINです!RIZIN!!5年ぶりと言えば・・・はい、やっぱりRIZINです!!
あの伝説の試合ですね!!こちらはまた記事にしたいと思います!!

青木選手今回勝つことまで想定してましたよね!だから試合終盤も、無理に一本取りにいかずに余力を残していたのはこのRIZINへの参戦プランにあったから・・・。

などいろいろ考えられ、試合を終わった現在も余韻が凄いです!!

これはRIZIN!ケンカを売られたら・・・買うしかないでしょう!!
皇治選手といい、青木選手といい、昭和の格闘技感が戻ってきている感じで、アベ(管理)世代の格闘技ファンには特にたまらんです!が、RIZINとしては悩ましいですよね!
ただでさえ追加カードの発表に時間が掛かっているのに、まさかの逆オファーですからね!!
いやぁぁぁぁ、格闘技・・・確実に盛り上がってますね!!!


【ONE】期待の【有井渚海】(ありい しょあ)が今年くる⁉

今回の大会のテーマ『覚悟を決めろよ。』
まさに、その言葉に尽きるような闘いばかりでした!!そんな中でも、異質の輝きを放った選手がいる。
それが、『朝陽(あさひ) PK.センチャイムエタイジム』、『有井 渚海(ありい しょあ』の2選手!!なんと両選手まだ10代ということで、今後の日本格闘技界を背負う存在になりうる可能性大!

試合も分かり易く、アグレッシブでいて、魅せるセンスもすでに高いという仕上がり!!
試合の結果と、選手のプロフィールも紹介したいと思います!

まだまだ日本格闘技界には原石がごろごろしているっぽいので、どんどん紹介できるようにアベ(管理人)ももっとリサーチしていきたいと思います!!

それでは選手の紹介、試合結果をチェックお願いします!!

【有井 渚海】ONEの試合が熱い!アベマ恋愛Ch出演で話題の新生!

有井選手 Twitterより引用

【有井 渚海】(ありい しょあ)選手!まずは名前!なんともカリスマ性のある名前!!
‟しょあ”ですよ!ありいで、しょあ!めちゃくちゃカッコいい!しかもルックスもマルって・・・泣

AbemaTVの恋愛リアリティーショーにも出演していたという話題性!
【平本 蓮】(ひらもと れん)選手パターンの出方ですね!w

渚海選手!もちろん名前だけじゃありません!
そのルックスとは裏腹に、めちゃくちゃアグレッシブ!どんどん前へ前への攻めスタイル!
しかも、顔に出さないので相手はめちゃくちゃやりづらい印象です。攻撃もバランスの取れた感じですが、キックが特に強いですかね!あと膝蹴りですね!膝は危険ですね!

今回の相手は、キャリアも年齢も上の【黒田 直也】(くろだ なおや)選手!
黒田選手が前に出る展開になるかと思っていましたが、渚海選手が終始前に出続け試合をコントロール!黒田選手が手を出すとすぐに返すという展開が続き、2Rに渚海選手の強烈なパンチと蹴りで下げさせられ、トドメの膝でダウン!

なんとか立ち上がるも、すぐにハイキックで動きの止まった黒田選手にラッシュ、そして膝!
綺麗でしたね!まさに完璧な流れでのTKO勝利!!
これがオープニングマッチだから盛り上がりは最っ高!!

有井 渚海選手は、これで5連勝ということでここから駆け上がっていきそうですね!!
大注目の18歳!【有井 渚海選手】でした!!


【朝陽・PKセンチャイムエタイジム】ONE史上最強の18歳とは⁉

こちらが、若干18歳の『朝陽・PKセンチャイムエタイジム』選手!!
ムエタイ選手として現在爆走中の朝陽(あさひ)選手!
ムエタイ選手は、リングネームに所属ジムや縁起の良い言葉を使うことが多く。朝陽選手もムエタイ所属がPKセンチャイムエタイジムということでこのリングネームになっています!

ストロー級ということで、体重は【52.3㎏-56.7㎏】ですが、かなり大きく見えました!
これは18歳の身体ではありません!さすがはムエタイですね!!
朝陽選手は、【和製ロッタン】とも言われており、ロッタンと言えば皆さんご存じの‟現ONEムエタイフライ級世界王者のロッタン選手”ですよ!!


その朝陽選手は、今回の勝利=ONEとの契約ということで勝利が必須の状況でした!!
それもそのはず、KO率8割5分7厘という驚異のKO率!!
この動画をみてもわかる攻撃力!これはかなり期待が高まります!!

対するは、【KING 強介】(きんぐ きょうすけ)選手!REBELS所属
REBELS:キックボクシングとムエタイを主としたファイティングスポーツプロモーション。
公式サイトより概要。
『剛腕ビッグダディ』の異名を持つ子だくさんファイターで、30戦以上のキャリアを持つ強敵だ。

開始からお互いキックから入りますが、朝陽選手がどっしりで強介選手が距離をとりながらという入り。1R中盤から徐々に距離が近くなり、お互いのパンチと蹴りが交錯しますが決定打はなく終了。
2Rは少しギアが上がります!朝陽選手の一発の蹴りが重く、強介選手がバランスを崩す場面が見え始めます。中盤、朝陽選手のキックフェイントからのパンチが強介選手をとらえダウン。
かなりいいパンチが入ったかに見えましたが、立ち上がりこのラウンドを凌ぎ(しのぎ)切ります。

3Rは、意外にも距離が離れ、ダウンも奪いポイントで勝っていると思われる朝陽選手は、無理に深追いせず貫禄をも感じさせるスタイルでどっしりと構え、反対に強介選手はポイントで負けている分、仕掛けますがいなされるという状態。
結局、試合は判定になり3-0で朝倉未来選手の勝利。巧いという印象で、無理をせず勝ちに徹するところは、これぞムエタイっていう強さを感じさせました!
これで、ONEとの契約をほぼ確実にした朝陽・PKセンチャイムエタイジム選手!!
益々活躍が楽しみですね!!いやぁ、シブかった!!


 

タイトルとURLをコピーしました