魔裟斗と朝倉未来のユーチューブが話題!カリスマ同士の神回観た⁉

はい、今回はレジェンド、そう伝説シリーズの回!!
日本格闘技の黄金時代を築いたと言っても過言ではない!!
そして今、この格闘技ブームの再来でゲスト解説やメディアへも引っ張りだこのあの伝説の漢!

元K-1世界王者の称号を持つ『反逆のカリスマ・魔裟斗(まさと)』選手。

そんなレジェンドに、今最も旬な格闘家兼ユーチューバー。
『路上の伝説』こと朝倉未来(あさくら みくる)選手が初共演!!
この対談が熱すぎた。内容はもちろんですが、お互いの出すワードがまさにカリスマ!
ほんとに引き込まれます…。
そしてファンの気持ちを察したかのように、後半は二人がリングで…。

そんな神回を、ぜひ観て欲しいという気持ちを少しだけ語らせてもらい記事にしています!
伝説の漢同士の熱すぎる対談をここからチェックしてもらえると嬉しいです!!

魔裟斗(まさと)と朝倉未来(みくる)の強さ。意外な共通点とは?

Yahoo newsさんより引用。

はい、このツーショットですよ!!
そして今回の記事のメインテーマにもなります二人のカリスマの『強さ』と『共通点』。

意外にも多くの共通する部分があり、改めて文字に起こすと見えてくるモノもあるかと思ったのと!
単純にこのアベ(管理人)が大好きな二人のコラボとなるともう、それはこうなりますよねw
まぁ、それが一番の理由です。

まだ動画をご覧になっていない方は、ざっくり内容分かってしまうのですが!ぜひ、そのままお読み下さいw
でもしっかり先に動画は載せておきますw

まずは両者の佇(たたず)まいですよ。なんていうかお互い色気があるその空気。
そして魔裟斗選手(アベの中では一生現役なので選手と呼ばせて下さい)の包み込むような語り口調。
対して、朝倉選手もリスペクトと憧れの気持ちが出ていてとてもいい雰囲気。

序盤はお互い様子見とスタイルを見るべく、ジャブを出していくのかと思いきや!
魔裟斗選手がどんどん朝倉選手を引き出します!!

立ち技と総合格闘技という違いはありますが、同じ格闘家、そして格闘技界を者同志という共通部分から噛み合います。

まずは、朝倉選手の腰・体幹の強さについて。
お笑い芸人の『なかやまきんに君』とのコラボ動画で、あのパワー芸人を簡単にぶん投げてしまう『強さ』について。余談ですが、朝倉選手に軽々と投げられはしますが、その後にボディビル日本一になっていますw

すすでみません、戻りますw

朝倉選手の腰の強さ・体幹の強さの秘密は、皆さんご存知の幼いころの『相撲』にあります。
それがなんと、魔裟斗選手も『相撲』を過去に習っていたという共通ポイント!

しかも魔裟斗選手の両親は、朝倉選手の故郷、愛知県というこれまた共通ポインッツ!!

それはまぁ偶然なんですが、なんとマインドや感性という面でも大きな共通ポインツが!

それは、格闘技で食う。

と決めて、自身の時間や熱を注いで獲った称号と、その対価報酬の差に対する不満。

これは一見、普通そうなるよと思うんですが意外と格闘家の方って『お金』よりも『称号』や『強さ』を求めるんです。※完全なるアベ調べですのでw

ストイックにやっている選手ほど、報酬、ファイトマネーは二の次でとにかく強さを求める。
そんな格闘家もめちゃくちゃカッコいいと思いますし、選手自身がそれで納得しているのなら言うことなしだと思います。

しかし、今回のこの二人のカリスマはそうではなく!
もっと大きな舞台、もっと大きな報酬を求めたことで自身の想像を越える世界を手に入れることになります!!

やはりそういうそういうマインドと行動力が、カリスマたる所以(ゆえん)なんですね。

魔裟斗選手はその当時の立ち技格闘技最高峰のK-1へ、朝倉選手は地下格闘技からRIZINへ。

二人の強さの共通点の体幹の強さを作ったのがまさかの国技『相撲』だったなんて勝手に日本に誇りですね。
そしてやはりマインドの部分での共通点はかなり大きいのではないでしょうか。

30歳で現役引退した魔裟斗選手。
30歳で引退を宣言している朝倉選手。

自身の知識や世界観で、朝倉選手に対するアドバイスがほんとに熱いんです!!
それではコラボの後半記事もぜひ読んで頂けると嬉しいです!

 

魔裟斗の朝倉未来への言葉が鳥肌。朝倉未来の進化計画始動⁉

ゴング格闘技さんより引用

この対談、まだ動画を観てない方はほんっとに観て下さいね!!w

はい、対談の中ではまだまだ二人の熱いトークが繰り広げられるんですが今回の大きなテーマ。

それが、朝倉選手の引退までのビジョンについて。

魔裟斗選手は現役最後に、2度目のK-1世界王者を獲って引退しているのですが、その部分を朝倉選手にリンクさせ質問します。

現在の朝倉選手と、当時28歳で世界一を目指していた魔裟斗選手自身を重ね質問。

魔裟斗『練習メニューは?』
朝 倉『午前中にスパーリングだけです。』

魔裟斗『午前だけ?午後はユーチューブ?』
朝 倉『はい、そうですね。』

魔裟斗『…はい、伸びしろしかない。』
魔裟斗『練習をまだ本気でやってない。』

この練習内容のやり取りで、魔裟斗選手は何度も『練習を本気でやってない』『勿体ない』という言葉を投げます。

というのも朝倉選手は、午前中に質の高いスパーリングのみの練習メニューがほとんど。
あとやってもバーピージャンプなどのサーキットトレーニングという内容。

その練習内容に対し、引退までの3年間の24時間365日を世界王者になることだけに懸けた魔裟斗選手だから言える『勿体ない』という言葉。

もちろん朝倉選手の格闘技センスと格闘技IQにはかなり定評があり、朝倉選手も自身の練習メニューについて過去に発言していて、長くだらだらやるよりも集中して質の高い練習をした方が効率的という考え。
実際にその練習で自身と、朝倉選手が現在育てている選手も結果を出しているので間違いありませんが!

魔裟斗選手の理論では、スパーリングが一番必要なのは間違いない。
でもそれに匹敵(ひってき)するくらい、ラン・ウエイト・ミット打ちなども大切だということ。
実際、ウエイトトレーニングを取り入れた選手のパンチ力はもちろんですが、そのパンチ自体が変わる。ということを伝え、朝倉選手もそれに反応。

さらに、トレーニング前に食事をしないという朝倉選手スタイルにも、トレーニング前には絶対エネルギーを入れておいた方が効率、パフォーマンスの上がる練習ができると熱くアドバイス。

それを真摯(しんし)に受け入れるしぐさを見せる朝倉選手は、過去にあまり見たことのない表情でなんかアベ(管理人)は感動すら覚えました。
いっそのこと魔裟斗選手が打撃トレーナーになってくれたらとファンの皆さん思ったことでしょう!w

このアドバイスは更に続き、朝倉選手のポテンシャルを一気に上げてくれるような、さらに強くなるような。
観ていてそんな気持ちになりました。

引退までのラスト3年間の全てを懸けた魔裟斗選手には、朝倉選手が日本で留まるような格闘家ではないと映っているんでしょう!!

もちろん、その景色を見るにはスパーリング+αの練習は必須だということが朝倉選手に伝わっていることはPC画面上からもスマホ画面上からも確認できましたw

今後の朝倉選手の進化に期待しかできなくなる魔裟斗選手の熱いアドバイスでした!!

魔裟斗が朝倉未来のミットを持ち伝授!打撃と腰の強さに大興奮!

こちらが今回のコラボ対談後のミット打ちのショットです!!
これが、ど、どど、どれほどヤバい状況かファンの皆様に代わって言わせていただきます!!

例えるなら、安室ちゃんが新垣結衣(ガッキー)に歌を教える…いや、もうちょい分かり易く言うと、具志堅用高がりゅうちぇるに日本語を教える…。

すみません、とにかく!とにかく凄い貴重な瞬間なんです!

ユーチューブがまさか、日本格闘技変革の一端を担(にな)うとは思いませんでした!
ヒカキンさん、ありがとう!!

すみません、テンション上がってもうてアベ(管理人)の悪いとこ出てしまいましたわw

改めて、このコラボが格闘技界に大きな影響を与える結果となるでしょう!!

魔裟斗選手は、ミット打ちで朝倉選手の打撃『左のフック・ストレート』に注目していてそれを受けるということを楽しみにしていた感が堪(たまり)りません。

加えて、朝倉選手に右の手(ジャブ)の使い方を伝授。
これが凄く的確で、朝倉選手が動画上で強くなっていく姿が見れます。

更に、朝倉選手のキックも大絶賛で即キック(K-1)でも通用する。と掛け合いながら、二人が楽しそうに打撃練習をする姿にカメラマンも『こんな魔裟斗さんみたことないw』と思わず声が。

見ているこっちも熱く、楽しい時間になりました。

最後は、その腰の強さを体感すべく首相撲と言われる組合いの展開に!
これはもう観て下さい!!w

お互い、めちゃくちゃ楽しそう!!w

それが締めとなり動画は終了しますが、まだまだ観たいと思わせる内容でした!!

この動画の後すぐに、インスタでミット打ちの練習をする朝倉選手のがアップされ早くも取り入れている様子。

路上の伝説が、日本を飛び越え魔裟斗選手のアドバイスから世界へ挑戦や、更に進化する姿を見れるのは間違いないでしょう!!

そうなることを期待しますが、この動画公開後に朝倉選手の試合が決まりました。

相手は『クレベル・コイケ』選手。
しかも朝倉選手が、指名した形で決定ということでこれはもう早くもファンや著名人の勝敗予想が激化しております!!

こちらも記事にしますので、ぜひチェックしていただけると嬉しいです!!

格闘技、まだまだこれから盛り上がっていきましょう!!
コロナに負けず、格闘技で日本を、世界を上げていきましょう!!

以上、アベなり記事でした!

 

タイトルとURLをコピーしました