【井上尚弥】VS【マロニー】の試合が年間最高試合に⁉

はい!皆さん!日本時間11月1日午前10時半からモンスター井上尚弥選手の防衛戦!
相手はトータルバランスがピカイチのジェイソン・マロニー選手!!
ベガスでモンスターが暴れます!!
試合の結果、模様をぜひチェックしちゃってください!!

sponsored link

【井上尚弥】モロニー戦の【オッズ】がとんでもない事に⁉

さぁ!ついに試合が開催された井上尚弥選手のアメリカラスベガスでの防衛戦!!
相手はジェイソン・マロニー選手!!今回の試合と試合前のオッズが恐ろしかったのでアップしたいと思います!!

井上選手は流れ流れて約1年ぶりの試合となり、しかも無観客・・・。
対するマロニー選手は6月に試合を行っており、試合間隔としては普段と変わらず、更に無観客試合も既に経験していることで、試合前段階の状況はマロニー選手がこのコロナ禍の環境に対して免疫があるという意味で有利という見方も。

しかし、場所はベガス!!井上選手自身もようやく試合まできた、ベガスでのメインマッチというモチベーションは相当なことが伺えます!!

前日計量での仕上がり・・・めっちゃエグいw

さて気になる今回の試合のオッズがもう恐ろしいことになっていました・・・。

英大手『ウィリアムヒル』で、なんと・・・

井上尚弥1.08倍・・・。

マロニー選手・・・7.00倍!!ドロー決着26倍!!

圧倒的に井上選手勝利予想という事態!!
まぁぶっちゃけ、安定のオッズとも言えるくらい過去の対井上選手でのオッズは基本そんくらいですからww

【井上尚弥】次戦ジェイソン・マロニー!勝敗予想詳細まとめ!!


この宣伝動画を観てもですが!ほんとに来るところまで来たな!!という印象ですね!!

日本のモンスターゴジラ<井上尚弥
っていう構図がアメリカ感出まくりでいいですね!!

アメリカラスベガスのメインに軽量級の選手の試合が抜擢されることに対して嬉しさを感じているという井上選手でしたが、もう世界中が納得ですよね!!

【井上尚弥】モロニー【試合結果】7Rに衝撃カウンターでKO勝利⁉

はいっ!!
こちらが今回のKOの右カウンターですね!!恐ろしい・・・。

結果から、7R KO勝利で井上尚弥選手の勝利!!防衛数を更新!
更には世界戦15連勝という記録も同時に樹立(じゅりつ)!!それまでは我らが沖縄の神『具志堅用高』(ぐしけん ようこう)が記録保持者でした!!

複雑な気持ちなんてちょっちゅもありません!!w
きっと具志堅さんも喜んでいること間違いないです!!

ではここから、試合序盤からアベ(管理人)目線で振り返ります!!

1R開始から、井上選手が主導権を握ると思っていましたが、意外にもマロニー選手が出ます!!
そしてなんかめっちゃ動く印象を受けました。
スタミナがウリということはありましたが、このまま長いラウンド脚を使い続けられると厄介かなという感じでしたね。

しかしジャブひとつにしても、スピードや音が既に違うように見え、井上選手が放つオーラが伝わりまぁまぁ安心して観れるというそんなアベの感触じでした。

2Rも序盤はマロニー選手が前に出る場面から始まりますが、しっかり受けたり、いなしたりと、とにかく見えてる。むしろ見ているという感じで、マロニー選手が出ているはずなのにマロニー選手の方がプレッシャーを感じているという雰囲気に変わり始めていました。

途中、井上選手のいいジャブ・ボディストレートが当たり始めます!!KOの雰囲気!

3Rからは明らかに構図が変わり、井上選手が支配し始めます。
マロニー選手は変わらず脚を使って動きますが、井上選手がすぐに詰める。その要所でジャブやボディーがお互いにヒットしますが!音が全然違う!!井上選手の方が、明らかに破壊力があり確実にダメージを受けているのがみえるようでした!!
例えると、昭和の名作格闘技ゲーム!ストリートファイターⅡ!通称ストⅡ(ツー)の体力ゲージがアベには見えました!!

完全にマロニー選手の体力ゲージが、ゲージがみるみる減っていきます!!
そんな3Rになりました。

4Rは開始すぐに井上選手が詰め、マロニー選手が下がる、井上選手が詰める。という展開に!
お互い近くなり、さらにパンチが当たり始めます!!

変わらず井上選手が追いかける展開になり、一見井上選手が有利にみえますが!!
マロニー選手が下がって下がって、急に前に出てくるときのパンチが少し恐いなという場面がありました!!

井上選手は追いかける状態なので、前に出る自身の勢いにマロニー選手の急に前に出るタイミングでパンチをもらうと威力が返ってくるというイメージですね!!
それもあってか、セコンドからは集中!!(ディフェンス)という指示も聞こえるラウンドになりました!!

5Rは、明らかにマロニー選手のダメージの蓄積が感じられます!接近戦になるとクリンチ!そのクリンチ中にも嫌なことをしてきます!w
クリンチの際に、すぐには離さず、今のなに?っていうような謎の長めのクリンチw

そういうイラッとする小技を外国人選手は平気でやってきますよね!!

このラウンドも距離は近いですが、決定打は生まれそうで生まれない!でも確実に雰囲気はある!!という状態で終えます!

 

さぁ6R!ついに動きが!!
開始30秒あたり、下がるマロニー選手に対して追い続けジャブに合わせて左フック!!
強い一発ではなく、タイミングが合ったパンチでこの試合初めてのダウンを奪います!!

さらにたたみ掛けようと詰めますが、ステップとクリンチで距離をとり、マロニー選手なんとか凌ぎます!!
ダメージもあるかと思いますが、決定打とはならずこのラウンドは井上選手がダウンを奪いそのまま終了!!マロニー選手!強い!!

【井上尚弥】モロニー戦の【カウンター】解説⁉次戦の展望は⁉

この試合衝撃の一発!!7R終了間際の一撃!!

いやぁーシビレました!!カウンターの右!!タイミングもドンピシャで、10カウント前に立ち上がろうとするマロニー選手でしたが、フラつき立てずここで試合終了!!


THE ANSWERさんより引用

6Rでダウンを奪い、このラウンドで仕留めにかかるかのような井上選手!!

逆に回復にあてようと、距離を取り変わらずフットワークで逃げるマロニー選手でしたが井上選手が攻め切りKO勝利となりました!!

強い!!強すぎる!!圧倒的強さのモンスター!!次なる獲物は!?

試合終了後のインタビューで、気になるモンスターの次なる標的が!!

今回の試合の出来についての質問に対して。

  • フィニッシュの右は練習していたのが出て良かった
  • ドネア、ウバーリ(WBC)の勝者、カシメロ(WBO)、リゴンドー(WBA)この他団体チャンピオンとの統一王座を次なる視野に。
  • 7R直前に足を刺激した場面について、違和感があった(ドネア戦にも)今後の課題

 

今回、初のラスベガス戦で最高の結果を出したモンスター井上尚弥選手!!

現在2団体の王者ですが、さらに複数団体の【統一王者】を実現させてくれることでしょう!!

【井上尚弥】経歴・戦績をどこよりも詳しく紹介!WBSSまでの軌跡!

ますます目が離せない!!以上、アベなり記事でした!!

タイトルとURLをコピーしました