ボクシング【階級】一覧表!チャンピオンを添えて!素人に捧ぐ記事!

ボクシングを含む格闘技には、基本的に体重別で階級(クラス)が設定されていて、同じ階級同士の選手達がその階級の中で闘いチャンピオンを決めるというのが基本です。

ボクシングでは現在17の階級があり、題しまして今回は『格闘技素人のアベ(管理人)が素人に捧ぐ階級の歴史!!歴代日本チャンピオンを添えて!!』ぜひチェックお願いします!

sponsored link

ボクシング【階級一覧】歴代日本人王者を添えて!!の巻!

現役2000年以降引退2000年以前引退新生注目選手現役復帰復)引退時期を色分け
外国人出身選手は一部除いてあります。

階級体重(㎏)歴代日本人世界王者or世界王者
1ミニマム級
(ライトフライ級)
歴代11人
47.62以下京口紘人田中恒成重岡銀次郎井岡一翔(
高山 勝成(星野敬太朗新井田豊八重樫 東
山中 竜也福原辰弥大橋 秀行井岡弘樹
2ライトフライ級
歴代15人
48.97以下京口紘人田中恒成井上尚弥寺地拳四郎
井岡一翔(山口圭司亀田興毅八重樫東
田口良一木村悠具志堅用高中島也雄
渡嘉敷勝男友利正井岡弘樹
3フライ級
歴代20人
50.80以下比嘉大吾田中恒成木村翔井岡一翔
江藤幸喜八重樫東五十嵐俊幸亀田大毅
内藤大助坂田健史亀田興毅
勇利 アルバチャコフ海老原博幸
ファイティング原田小林光二大熊正二
花形進白井義男、大場政夫、レパード玉熊
4スーパーフライ級
歴代15人
52.16以下井上尚弥河野公平井岡一翔
清水智信亀田大毅佐藤洋太川嶋勝重
名城信男セレス小林徳山昌守戸高秀樹
飯田覚士川嶋敦志渡辺二郎鬼塚勝也
5バンタム級
歴代12人
53.52以下井上尚弥亀田和毅井上拓真
山中慎介長谷川穂積戸高秀樹亀田興毅
六車卓也
薬師寺保栄、辰吉丈一郎
ファイティング原田、新垣諭
6スーパーバンタム級
歴代11人
55.34以下長谷川穂積亀田和毅久保隼岩佐亮佑
小国似載(下田昭文李冽理西岡利晃
佐藤修ロイヤル小林畑中清詞
7フェザー級
歴代5人
57.15以下長谷川穂積粟生隆寛越本隆司
柴田国明西城正三
8スーパーフェザー級
歴代9人
58.97以下内山高志畑山隆則三浦隆司
伊藤雅雪粟生隆宏沼田義明
上原 康恒柴田国明小林弘
9ライト級
歴代3人
61.23以下ガッツ石松畑山隆則小堀佑介
10スーパーライト級
歴代3人
63.50以下浜田剛史平中明信藤猛
11ウェルター級
歴代0人
66.68以下マニー・パッキャオフロイド・メイウェザー
12スーパーウェルター級
歴代2人
69.85以下輪島功一石田順裕
13ミドル級
歴代2人
72.57以下竹原慎二村田諒太
14スーパーミドル級
歴代0人
76.20以下カラム・スミスデビット・ベナビデス
15ライトヘビー級
歴代0人
79.38以下アルツール・ベテルビエフディミトリ・ビボル
16クルーザー級
歴代0人
90.72以下マイリス・ブリーディス
ユニエル・ドルティコス
17ヘビー級
歴代0人
90.72超デオンテイ・ワイルダー
タイソン・フューリー
マイク・タイソン(

これで分かるように、日本人は特に軽量級めっちゃ強い!!層も厚いしタレント揃い!!

勝手に日本人の適正体重と認識しちゃってますがw
格闘技が盛り上がっているいま!競技者も増えて更なるスターが現れる階級間違いないですね!!

ボクシング【ミニマム(ミニフライ)級】体重は?注目情報も!

まずは最軽量階級のミニマム級です。意味は英語で最小・最小限を意味します。

ミニマム級は、105ポンド以下、アメリカではポンドでの表記です。

キロに換算すると47.62㎏以下となります。

47.62㎏のミニマム級は、そもそもの骨格サイズがある外国人選手ではこの階級をメインで闘う難しいので、日本人やフィリピン等の比較的サイズの大きくない国の選手が多いことは言わずともという感じですね。

ボクシングをあまり知らない方にイメージとして・・・タモリさんが51㎏なので。

更にキレッキレのバッキバキにしたタモさんの階級ですねw
だいぶわかりやすいイメージになったと思いますw

現在日本ではこの階級の名称をミニマム級と統一されていますが、ミニフライ・ストロー級と呼ばれていた時代もあり、世界的にもWBAはミニマム級ですが、その他主要団体(WBC、WBO、IBF)ではミニフライ級と呼ばれ、統一はされていない状況で素人にはかなりややこしい感じとなっています!!
まぁですが、設定体重は同じ47.62㎏以下なので・・・

ミニマム級=ミニフライ級で、お願いします!!w

現在のミニマム級の主役が京口紘人田中恒成重岡銀次郎井岡一翔(

ボクシング【ライトフライ(ジュニアフライ)級】体重は?その他情報も!

続いてはライトフライ級です!この階級も日本人世界王者が多くて多くて。
そんなライトフライ級の設定体重がこちら。

105 – 108ポンド以下
キロ換算で47.627 – 48.97kg以下となっています!!

なんとこのライトフライ級ですが、これまた団体間で呼び方が分かれておりライトフライ級は(WBA・WBC)で呼ばれていて、(IBF・WBO)ではジュニアフライ級と呼ばれるいうなんとも素人泣かせという感じですが、最終的には統一されるといいですね。
ライトフライ級=ジュニアフライ級でお願いします!!

 

そして何と言っても!何と言っても!!このライトフライ級の日本人王者対決!!

近々(令和2年11/3)3度目の防衛戦を控えた京口紘人(きょうぐち ひろと)選手と、この階級での防衛を着実に伸ばしている寺地拳四郎(てらじ けんしろう)選手の統一戦ですね!!
同世代であり、お互い無敗の王者の統一戦が観れるのでは?!とその期待は高まるばかり!!

拳四郎選手は防衛が『7』、京口選手は今回勝てば『3』ということで!
この対決の先に、我らが伝説の具志堅用高の防衛記録『13』がみえてきますからね!!
やはりこの階級は・・・間違いないですね!!

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました